ご利用にあたって

TEL/FAX:
0123-72-1696
受付時間:
9:00~17:00

プログラムをご利用いただくにあたって

プログラム利用について

1つの(単品)プログラムからご利用ご利用可能です。目的に合わせて各プログラムを組み合わせ、日帰りまたは数日間にわたる活動を行うことができます。

また、各季節でおすすめのパッケージプランもご用意しております。パッケージプラン内のプログラムもご希望のものに変更可能ですので、お気軽にご相談ください。

動植物の観察など、プログラムによって適した時間帯や時期があります。随時フィールドの状況を把握し適切にプログラムを提供できるようご案内いたします。

引率者の方へのお願い

団体活動の基本的な規律や生活面での指導については、団体の引率者の方にご指導をお願いしております。

プログラムによっては、注意が行き届かない場合に危険が伴うものもございますので、プログラム実施時間中の団体への指導へご協力をお願いします。

各プログラム利用料金について

1つの(単品)プログラムの利用料金は、各プログラム紹介ページに表示してある金額となります(金額は、それぞれ1名あたりの利用料金で表示されています)。

複数のプログラムを選択された場合、1つの(単品)プログラムごとの料金を加算した金額となります。

パッケージプラン内のプログラムを変更して実施する場合は、選択されたプログラムによりパッケージ料金も変動しますので、お気軽にご相談ください。

また、各プログラム料金にはガイド料と備品レンタル料・材料費などが含まれています。

お支払方法は現金払いの他、銀行振込みによる後納が可能です。尚、振込手数料はお客様ご負担となりますのでご了承ください。

各プログラムの運営について

あらかじめ、晴天・荒天両方のプログラムを準備いたしておりますが、当方では天候の変化に応じた自然環境や生きものの生態の変化についても学ぶことが大切であると考えております。

そのため、雨天であってもお客様の安全上プログラム実施に支障がないと判断した場合は、十分な防寒等を前提に、原則として予定通り実施することになります。

実施不可能と判断した場合は、荒天プログラム(同料金程度の代替えプログラム)を実施いたしますが、お客様の判断でプログラムをキャンセルされた場合はキャンセル料が発生いたします。尚、キャンセル料は以下の通りです。

実施日の7日以内 実施日の3日以内 実施日
料金の50% 料金の80% 料金の100%

お食事について

活動中のお食事は、ご持参いただく他、こちらで用意することもできます。注文の必要がある場合は、お気軽にご相談ください。

移動手段について

各体験フィールドへの移動手段は、原則としてお客様の方でご手配願います。必要に応じて栗山町内のバス運営会社をご紹介いたします。

保険について

当NPOの体験プログラムには傷害保険料が含まれているものと、含まれていないプログラムがございます。傷害保険の必要のある場合はお申し付けください。

お申込み手順について

利用問い合わせ・利用仮予約

お電話・メール等にてお問い合わせください。利用希望日、時間帯、人数等をお伺いします。その際、大まかな希望プログラムをお知らせください。

受付確認

お受けした希望内容等を、3日以内にお客様にご提示します。

打ち合わせ・内容決定

2週間を目途に、プログラムの打ち合わせを行います。原則、こちらからご連絡いたします。

【ご来訪が可能な場合】

ご来訪日時を相談の上、プログラム指導者が作成した計画に基づき、詳細を決めます。

【ご来訪が不可能な場合】

プログラム指導者が作成した計画をご指定の連絡手段でお送りした上で、電話・メール等で詳細を決定します。

事前下見

利用者の皆様の安全確保のため、可能な限り事前の下見をお願いします。打ち合わせご来訪の際の下見ももちろん可能です。

最終確認

当日の7日前を基本に、最終確認のためお電話をさせていただきます。

利用当日・お支払い

当日の採集人数や健康状態をお知らせいただき、フィールドの状況や変更点等を踏まえ、最善のプログラムを実施します。

以上、お申込み手順についてご不明な点などがございましたらお気軽にご相談ください!

プログラム活動時の服装について

持ち物・服装について

怪我等を防ぎ、快適に活動できる服装をご用意ください。以下、お持ち物や服装の例をご紹介いたします。

また、お申し込みの際には必ずお持ち物・服装についてご確認いただきますようお願いいたします。

夏季の服装

野外活動(水辺の活動も含む)の際には、必ず長袖・長ズボン・帽子を着用ください。また、足元については靴下を着用の上、履きなれた運動靴か長靴をご使用ください。なお、水辺の活動の際には、濡れると乾きにくい綿製のものよりも、乾きの早い化繊素材の服装の方が適しています。

サンダル等のように、踵がしっかり固定されないものや肌が露出するものはご使用いただけません。

冬季の服装

スキーウェア等、防寒防水のしっかりしたものをご使用ください。帽子についてはニット帽のように耳まで覆えるものを着用してください。ネックウォーマーやスパッツなどもあればより暖かくに活動することが出来ます。

また、汗を冷やさないようにタオルと替えの下着や手袋等を必ずご用意ください。

お持物

宿泊学習の場合、予め活動用のお持物を別のリュックに分けてご用意いただくと、当日の活動がスムーズになります。