ふるさとは栗山です

TEL/FAX:
0123-72-1696
受付時間:
9:00~17:00
ふるさと教育とは

ふるさと教育とは

栗山町では「ふるさとは栗山です」を合言葉にして、自然体験活動を中心に、地域の環境を活かした教育活動が推進されております。

五感を使った実体験に基づく学習は子供たちの理解と意欲を高めます。また、身近な自然への関心が高まることで、地域の環境保全への意識やふるさとへの愛着につながることを期待しています。

身近な自然を学ぶことは、ふるさとを大切に想う心を育てます。

オオムラサキとハサンベツ里山

オオムラサキとハサンベツ里山は、栗山町がふるさと教育を推進するきっかけであり象徴的な存在です。

オオムラサキ

オオムラサキの発見

1985年(昭和60年)国蝶オオムラサキの国内東北限となる生息地が確認されました。オオムラサキは里山環境を代表する生きものです。オオムラサキを守ることは、里山という「人と自然が共存する場所」を守ることにつながります。

ハサンベツ里山

ハサンベツ里山

離農跡地であったハサンベツ地区の里山環境が再生・保全され、現在は子供たちの体験学習のフィールドとして整備・活用されております。自然・農業・文化など多様な学びを得られるところです。詳しくは→体験フィールド「ハサンベツ里山

学校教育と自然体験活動

自然体験活動は様々な教科に適用できます。各々の単元を関連付けて複合的なテーマを構築できるのも利点です。また、体験型の学習は理論と実践とを結びつける効果があります。

学校教育と自然体験活動が連携することは、「関連付ける力」や「実践する力」の養成に役立ちます。

アクティブラーニング

2014年頃からアクティブラーニングという手法が提唱され始めました。今後は、学力評価の指標として「思考力・判断力・表現力」や「主体性・多様性・協働性」等が求められます。

アクティブラーニングの実施にあたり、自然体験学習は最適な手法であると考えております。

身近な自然環境を活用する効果

身近な自然環境を活かせば、教室での講義とフィールドでの実体験を、交互かつ日常的に実施していくことが出来ます。理論と実践とのギャップをつなぐ過程をくり返し経験することで、思考力や表現力が高まります。

日常的な体験学習との連携が、実践する力を育てます。

また、自然環境は多様な事象の関わり合いで成り立っています。複雑な生態系を理解していくことは、多角的な視点を身につけることに役立ちます。

例えば、栗山町の子供達であれば、「むしをさがそう(1年生活)」のころから里山の自然に慣れ親しみ、「春をさがそう(2年生活)」や「流れる水のはたらき(5年理科)」など、学年を重ねながら複数の教科や単元で身近な自然を活用しています。

日常的な蓄積がベースになり、自然界の様々な事象を関連付けて考えることが出来るようになります。「生きもののくらしと環境(6年理科)」をより深く理解することができるでしょう。

複数の教科や単元における体験学習の蓄積が、関連付ける力を伸ばします。

最近では、里山の保全活動に自主的に参加する子供達が現れ始めました。地域の活動に参加することで当事者意識が芽生えます。実際に貢献した達成感と自信によって子供たちの主体性が発現します。

学んだことを直接活かせる場所があることは、子供たちのモチベーションを高めます。