体験の機会の場

TEL/FAX:
0123-72-1696
受付時間:
9:00~17:00
雨煙別小学校コカ・コーラ環境ハウス

「体験の機会の場」認定施設

体験の機会の場認定制度とは、所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動や社会体験活動等の体験の機会の場として提供する場合、申請を受けて、都道府県知事等が認定する制度です。

特定非営利活動法人雨煙別学校(所在地:北海道栗山町、理事長:松原由典、以下雨煙別学校)が、北海道夕張郡栗山町、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団と連携して運営する『雨煙別(うえんべつ)小学校 コカ・コーラ環境ハウス』が 2021 年 3 月 10 日に環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」に認定されました。北海道での「体験の機会の場」の認定は初めてとなります。

「体験の機会の場」認定制度は 2012 年 10 月に施行された「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」にもとづく制度で、民間の土地・建物の所有者等がその土地・建物を自然体験活動などの体験活動の場として提供する場合に、申請に基づき都道府県知事等の認定を受けることのできる制度です。認定にあたり、安全確保に関すること、実施体制に関することが要件にあり、環境教育の質の高さを担保するとともに、安心して参加できる体験活動の機会の提供につながっています。「体験の機会の場」は全国で 25(※)の施設が認定を受けています。(※2021 年 3 月 10 日現在)

雨煙別学校は、北海道夕張郡栗山町、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団とともに、同町の廃校を、自然・環境教育を中心に文化・スポーツなどをおこなうことが宿泊施設「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」として再生するプロジェクトを推進してまいりました。2010 年 4 月に同施設がオープンしてからは、栗山町の豊かな自然環境の中で、コカ・コーラ環境フォーラムをはじめ、自然環境や農業環境を生かした体験型の環境教育プログラムを積極的に構築、展開し、全国の次世代を担う青少年の育成をおこなっております。

取り組み内容

体験の機会の場」認定を受けて今後も様々な活動を実施して行く予定です。

体験の機会の場

Now Planning

Now Planning